中小企業 新ものづくり・新サービス展

誰かが行かねば道はできない

映画監督/キャメラマン

木村 大作(きむら だいさく)氏

プロフィール

1939年生まれ。東京都出身。日本映画界を代表する監督・キャメラマン。1958年東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入り。代表作には「八甲田山」、「復活の日」、「駅STATION」、「火宅の人」、「鉄道員」などがある。2003年には日本映画界における功績が認められ、紫綬褒章を受章。2009年、立山連峰の厳しい自然環境のもと長期撮影を行った「劔岳 点の記」は、初監督作品にして、日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀撮影賞をはじめ数々の賞を受賞し、観客動員240万人を超える大ヒットを記録した。2010年、旭日小綬章を受章。2014年に監督としての2作目「春を背負って」が公開。2017年春、キャメラマンとして参加した「追憶」(監督:降旗康男、主演:岡田准一)が公開。
2018年9月、監督として3作目「散り椿」が公開。

これまでに日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回、優秀撮影賞を21回、最優秀監督賞を1回受賞。長年にわたって映画界の最前線で活躍し続けている。
講演では自身の映画人生を元に、携わった映画のメイキング秘話などを交えながら、心のこもった“本気の講演”をお届けする。

経歴

■1939年
東京都生まれ
■1958年
東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入り
「隠し砦の三悪人」で撮影助手として黒沢組に参加
■1960年
「悪い奴ほどよく眠る」「用心棒」に撮影助手として参加
フォーカス送りの名手として黒澤明の信頼を得る
■1962年
「椿三十郎」に撮影助手として参加
■1970年
「どですかでん」に撮影助手として参加
■1973年
映画「野獣狩り」で初めて撮影者を務める
「日本沈没」など、数多くのヒット作品に携わる
■1977年
「八甲田山」が記録的大ヒット
■2003年
紫綬褒章を受章
■2009年
映画「劔岳 点の記」で、初めて監督を務める
■2010年
旭日小綬章を受章
■2013年
撮影を務めた「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞最優秀撮影賞ほかを受賞
■2014年
牧野省三賞を受賞

主な実績

○監督作品(映画)
『春を背負って』
『劔岳 点の記』

○その他
【受賞歴(「剱岳 点の記」による受賞を除く)】
1977年 「八甲田山」第21回三浦賞/第1回日本アカデミー賞優秀技術賞
1980年 「復活の日」 第4回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1981年 「駅 ステーション」 第5回日本アカデミー賞優秀撮影賞/第36回毎日映画コンクール撮影賞/第27回アジア太平洋映画祭撮影賞
1982年 「海峡」 第6回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1985年 「夜叉」 第9回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1986年 「火宅の人」 第10回日本アカデミー賞最優秀撮影賞
1987年 「夜汽車」 第11回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1988年 「華の乱」 第12回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1989年 「あ・うん」 第13回日本アカデミー賞優秀撮影賞/第34回アジア太平洋映画祭撮影賞
1992年 「寒椿」 第16回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1993年 「わが愛の譜 滝廉太郎物語」 第17回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1996年 「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」 第20回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1997年 「誘拐」 第21回日本アカデミー賞最優秀撮影賞/第52回毎日映画コンクール撮影賞
1998年 「時雨の記」 第22回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1999年 「おもちゃ」 第23回日本アカデミー賞優秀撮影賞/「鉄道員」第23回日本アカデミー賞最優秀撮影賞/第44回アジア太平洋映画祭撮影賞
2001年 「ホタル」 第24回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2003年 紫綬褒章
2004年 「赤い月」 第27回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2007年 「憑神」 第30回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2010年 2010年旭日小綬章
2012年 「劔岳 点の記」  第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞/最優秀撮影賞他計11部門受賞
2013年 「北のカナリアたち」 第36回日本アカデミー賞最優秀撮影賞

【「剣岳 点の記」関連受賞歴】
第34回山路ふみ子映画賞/文化賞/日刊スポーツ映画大賞/石原裕次郎賞/第83回キネマ旬報ベスト・テン/日本映画監督賞/第64回毎日映画コンクール/日本映画優秀賞、撮影賞/第52回ブルーリボン賞/作品賞、新人賞/第54回「映画の日」特別功労賞/特別功労賞/第26回ゴールデンクロス賞//話題賞/日本映画ペンクラブ賞/2010年エランドール賞/特別賞/2009年度(第1回)TAMA映画賞/特別賞/第9回天草映画祭/風の賞/第5回おおさかシネマフェスティバル/監督賞、撮影賞/平成21年度北日本新聞文化賞/文化賞特別賞/富山県特別功労賞/第33回日本アカデミー賞/最優秀監督賞、最優秀撮影賞、優秀作品賞、優秀脚本賞/第9回映像技術賞/映像技術賞/第13回日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)/日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)/第29回藤本賞/藤本賞/第19回日本批評家大賞/特別功労賞/平成21年度児童福祉文化賞推薦作品(映像・メディア等部門)

著書

『誰かが行かねば、道はできない -木村大作と映画の映像-』(キネマ旬報社)