中小企業 新ものづくり・新サービス展

世界の一流選手の集中力から学ぶ、物創りと人創りの共通セオリーとは!

株式会社集中力 代表取締役/一般社団法人 日本集中力育成協会代表理事/一般財団法人 スポーツサポート財団理事

森 健次朗(もり けんじろう)氏

プロフィール

ミズノ株式会社で、北島康介選手、千葉すず選手、室伏広治選手など多数のオリンピック選手のウエア開発に携わる。特に2000年シドニー五輪、開発担当の「サメ肌水着」は13の世界新樹立。世界をにぎわせた。
2003年、ミズノ株式会社を退社。2004年、学習塾「元氣塾」をはじめる。そこで、子供達の意欲を湧かせることが必要だと気付き、スポーツメーカー時代に関わった一流アスリート達が日常や試合の本番で実践している呼吸や脳トレ・集中力アップの方法を実施。また、毎年、夏休みには塾長仲間たちと「活躍するかっこいい大人」を呼んで話を聞き将来の夢を発表する「夢合宿」を淡路島で開催。元気がなかった子供達のたくさんの奇跡を目の当たりにする。
このような取り組みが話題となりPTA(教員・父兄)・学校・教育機関・スポーツチームから講演を依頼されるようになる。その後、「元気な大人」も作って欲しい!と企業からの講演・研修依頼もうける。
2011年、アーティストファクトリー・ジャパン設立。2012年株式会社集中力へ変更。現在は、集中力プロデューサー®として上場企業や中小企業のトップマネージメント、上級管理職の方などを対象とした企業研修及び、教育機関等での講演を実施。講演、研修、セミナーなどで毎年、約1万5,000人が集中力発揮のコツを体感。
講演は、有名スポーツ選手の逸話がたくさん聞けて面白い、いつでもどこでもできる「集中力」発揮のコツを実践できるようになるなど好評!

経歴

■1963年
長崎県南島原市口之津町生まれ。
■1981年
国立名古屋工業大学高分子工学科入学。
■1989年
国立名古屋工業大学大学院博士前期課程材料工学科有機材料コース修了。
ミズノ株式会社入社(商品開発本部ウエア開発研究室配属)。
特に2000年シドニー五輪、開発担当の『サメ肌水着』が13の世界新樹立。特許出願約30件(サメ肌水着世界特許等)。
■2003年
ミズノ株式会社退社(技術開発部ウエア開発課)。
■2004年
元気塾設立(学習塾、カイロ整体院)。
■2011年
アーティストファクトリー・ジャパン株式会社設立。
■2012年
社名を株式会社集中力へ変更。

主な実績

○講演実績
<企業>
キャノン/パナソニック電工/新日本製鉄株式会社/住友林業(東京・大阪)/竹中工務店/ダイワハウス/富士通/アストラゼネカ株式会社/NTTドコモ/日立製作所/アフラック/中外製薬/第一三共株式会社/プルデンシャル生命株式会社/東芝/三菱東京UFJ銀行/みなと銀行/社団法人近畿地区信用金庫協会/京都信用金庫/その他多数
<学校>
愛知教育会/京都市立芸術大学/姫路独協大学/市立高田商業/神戸市立神戸西高校/大和高田市立高田商業高等学校/大阪府立阿倍野高校/滋賀県立甲南高校/松原市立第四中学校/千葉県立千葉商高校/大阪大学工学部/その他多数
<商工会>
日本青年会議所/徳島青年会議所/京都府青年会議所/京都船井青年会議所/松原青年会議所/博多商工会議所/唐津工会議所/伊万里工会議所/島原工会議所/広島商工会議所/その他多数
<海外>
ニューヨーク異業種交流会
<学会>
日本皮膚協会/日本繊維機械学会/繊維機械学会/その他多数

○研修実績
公益財団法人秋田体育協会

○テレビ
TBS みのもんたの朝ズバ!/サムライ達の夜明け
フジテレビ とくダネ!
NHK総合 おはよう日本ニュ-ス
テレビ大阪 Qっとサイエンス
NHK教育 サイエンスワンダ-ランド
ラジオ
FMGIG 人生の金メダル
その他多数

○新聞
毎日新聞/サンケイリビング新聞/サンケイスポ-ツ新聞/朝日新聞

○雑誌
日経メカニカル/週刊プレイボ-イ/その他多数

○受賞歴
2000年 グッドデザイン金賞受賞 サメ肌水着

○CD
夢をかなえるかたりあげ・ど・らいぶプレミアムセレクション3 森健次朗(かたりあげ・ど・らいぶ)
本番に強くなる集中力発揮のコツ(森 健次朗)

○DVD
世界の一流アスリートから学んだ 人生の金メダル獲得方法 上下巻セット [DVD](ゴマブックス)
【Amazon LIVE DIRECT】「今、ここ!」で発揮できる集中力(2015年10月15日収録) [DVD](ゴマブックス)

○その他
【主要開発実績】
<五輪選手向けウェア開発>
ミズノ株式会社技術開発部ウエア開発課所属
バルセロナ~アテネ五輪の競技(陸上、競泳)ウエア開発

<競技ウエア開発実績>
●1992年バルセロナオリンピック
競歩ランシャツ:メキシコ選手銅メダル獲得
●1996年アトランタオリンピック
競泳水着:世界数10カ国選手着用(総メダル数の半数獲得!)
水泳:千葉すず、山本貴ほか、着用テスト実施
陸上:フランキ-フレデリックス(100m銀メダル)ほか
●2000年シドニーオリンピック
競泳水着:世界138カ国選手着用(総メダル数の約70%獲得!)
水泳:田中雅美、山本貴ほか
陸上:室伏浩治ほか
オバデル・トンプソン(バルバドス)100m銅、200m銀メダル
●2004年アテネオリンピック
水泳:北島康介(平泳ぎ100m、200m金メダル:水着、スイムキャップ)ほか

【開発に関わった選手達】
<陸上>
室伏 広治(ハンマー投げ)現日本記録保持者、シドニー金メダル
田端 健児(400m)元日本記録保持者
谷川 聡(110mハ-ドル)元日本記録保持者
田川 茂(走り幅跳び)元日本歴代3位
柿沼 和恵(400m)元日本記録保持者
今井 美希(走り高跳び)元日本記録保持者
室伏 由佳(ハンマ-&円盤投げ)現日本記録保持者
オバデル・トンプソン(バルバドス)シドニー100m銅、200m銀メダル 他

<水泳>
山野井 智広(50m自由形)元日本記録保持者
山本 貴司(100、200mバタフライ)元日本記録保持者
千葉 すず(100、200、400m自由形)元日本記録保持者
源 純夏(50m自由形)元日本記録保持者
青山 綾里(50mバタフライ)元日本記録保持者他

著書

『ビジネスで必要なことはすべて一流アスリートから学んだ!』(ゴマブックス)
『机に向かってすぐに集中する技術』(フォレスト出版)
『ビジネスの9割は集中力で決まる!』(ゴマブックス)