中小企業 新ものづくり・新サービス展

株式会社TSP(東京)

「カメラから得られる来客者情報を自動分析し、マーケティング施策に生かせるツールを開発」

株式会社TSP 代表取締役 社長 小川 達也

0N0A9570

出展プロフィール

会場
東京
出展ゾーン
情報・通信
ものづくり補助金の事業計画名
平成28年度 監視カメラで来客者情報を自動分析する革新的クラウドシステムの開発

データを分かり易く可視化し売上向上につなげる

御社の主な事業内容を教えてください。

主にマーケティングソリューションとしてご活用いただいている、カメラを使った顔認証システムや画像解析システムなどの販売・施工・保守を行っております。弊社が工事業から始まった企業ということもあり、事業を通じてお客様に喜んでいただくことをモットーにしております。

本展示会の出展物(ものづくり補助金を活用して開発した製品・サービス・技術等)について教えてください。

リアル店舗活性化システム「VIPORE」を出展いたします。こちらの製品は、平成28年度の「監視カメラで来客者情報を自動分析する革新的クラウドシステムの開発」という事業で開発したものです。
もともと弊社では、6年ほど前から「人数を数える」「属性、年齢が分かる」「人の滞留が分かる」という3つのアプリケーションの入ったカメラを取り扱っておりました。しかし当時の日本では、画像解析によって情報を得ることができても、実際にどう使えばいいのかわからない、という声が多かったのです。そこで、取得した情報を簡単に有効活用できるようなデータ分析プラットフォームを、ものづくり補助金を活用して開発いたしました。

補助金で開発した「VIPORE」の特徴を教えてください。

数年前から画像解析を利用したデータ収集が注目され始め、現在では様々な企業、機関が技術開発に取り組んでおります。しかし、そこから一歩先、収集したデータを上手に活用するためのプラットフォームまで作っているのは弊社しかありません。
また、通常のアプリケーションはサーバと接続させる必要があるのですが、弊社の場合はカメラ自体にソフトウェアを組み込んでしまうので、カメラ一台で完結させることができます。これによるセキュリティ性能の向上やコストの削減は、「VIPORE」の強みだと考えています。もちろん、精度にも自信があります。

「VIPORE」の開発にあたって困難だった点は何ですか?

当時の弊社には、マーケティングソフトウェアに関しての知識がほとんどなかったので、何をどうやって提供すればお客様に喜んでいただけるのかを考えることが困難でした。他の企業様のソフトウェアをみて研究したり、マーケティングに関する知識をつけたりすることで、お客様の使いやすい製品にすることができたのではないかと思います。

今後はAIを使ったディープラーニングも

ものづくり補助金は何に活用されましたか?

テスト用の実機導入はもちろんですが、共同開発を行ったため、開発会社様との打ち合わせやシステム開発にあたっての費用などに活用しました。

補助事業について、今後の展望をお聞かせください。

0N0A9560
ものづくり補助金で開発したVIPORE

現在、弊社の製品、サービスには「人数を数えるもの」「属性、年齢が分かるもの」「人の滞留が分かるもの」という3つのセンサーがあります。また、オプションとしてご利用いただける、センサーで得たデータの分析を行いレポート化するというサービスも行っております。将来的には、これら既存のサービスに加えてAIを使ったディープラーニングによるデータ分析、レポート化も実現できればと思います。
また、ARや集客ソフトなどと連携させて、お客様の売上が上がる仕組みづくりも行っていきたいと考えております。

本展示会ではどんなことを期待していますか?

マーケティング施策への活用が中心ではありますが、VIPOREはセキュリティ強化にも有効です。そういった意味では分野を問わず幅広い方のお役に立てるものなので、興味を持っていただいたお客様とは積極的にお話しさせていただきたいです。

企業プロフィール

出展者名
株式会社TSP
創業年月
平成20年5月29日
代表者
小川 達也
本社所在地
〒171-0043 東京都豊島区要町1-16-9
TEL/ FAX
03-5917-6270/03-5917-6275
Webサイト
http://tspco.jp/
資本金
450万円
取扱製品
セキリュティー事業
防犯カメラ・ネットワークカメラ・入退室管理システムの提案販売・販売・施工・保守
電話・LAN・電気事業
PBX・ビジネスフォンの販売・施工・保守
ネットワークの構築・施工・保守、一般電気工事
移動体事業
携帯基地局設備工事
マーケティング事業
コグニマテックス社日本総販売元
アプリケーションシステムの開発及び提案

その他の注目の出展者