中小企業 新ものづくり・新サービス展

有限会社柴崎商店(東京)

「旨味や栄養をそのまま味わえる冷凍牡蠣の生産力・安全性を向上」

有限会社柴崎商店 代表取締役 柴﨑 昌平

かき小袋700x700

出展プロフィール

会場
東京
出展ゾーン
農林水産・食品・建設・工事
ものづくり補助金の事業計画名
平成27年度  「かき呉子」(特許)を量産する製造工場の新設と外食産業向け営業の強化

他の企業ではやっていない製造方法でつくる冷凍牡蠣の量産化体制づくり

御社の主な事業内容を教えてください。

煮干しいりこや煮干しちりめんを生産者から直接仕入れる卸問屋をしています。他には、異物検査やリパックした商品の量販店への納入も行っています。

本展示会の出展物(ものづくり補助金を活用して開発した製品・サービス・技術等)について教えてください。

豪快!牡蠣の炊き込みご飯
「かき呉子」をつかった炊き込みご飯

「かき呉子」という新しい形の冷凍牡蠣を出展いたします。
この商品は牡蠣をスチームして乾燥処理を付す事でタンパク質の被膜を作り、旨味や栄養成分を中に閉じ込めた上で急速凍結・真空パックさせたものです。調理しなくても解凍するだけで美味しい牡蠣を味わえる商品となりました。
「かき呉子」は一般的な冷凍牡蠣を解凍する際に出るドリップが出ません。そのため、凍ったまま炊き込みご飯に入れたりピザの具として乗せていただいたり、解凍すればそのままポン酢を付けて食べたりすることもできます。さらに、電子レンジで温めることで、湯がき上がったプリプリ食感の牡蠣を楽しんでいただけます。鍋に入れても収縮がほとんどありません。

「かき呉子」の量産化に踏み切ろうと思ったきっかけは何ですか?

もともと「かき呉子」は、牡蠣が好きな知人に「夏のバーベキューでも使える美味しい冷凍牡蠣を作れないか」と持ちかけられたことがきっかけでした。私も牡蠣は好きでしたのでさっそく開発に乗り出したところ、スチームし乾燥処理を付す事で美味しく食べられることを発見しました。
この製造方法は全く新しいものです。そこで、製造方法の特許を取得し、自社製品とすることにしました。その後、ますます需要は伸びそうだと感じたため、量産化体制を整えるべくものづくり補助金を申請した次第です。

今後も需要に応えるべく少しずつ生産力を向上していきたい

ものづくり補助金は何に活用されましたか?

shibasaki_2
ものづくり補助金で導入した真空包装機

生産量と安全性を向上させるための設備導入に活用いたしました。生産量の向上のために導入したのが、「急速凍結機」「スチームコンベクション」「真空包装機」で、安全性の向上を図るために導入したのが「X線金属検知器」です。かなり高額な設備が多いので、ものづくり補助金は非常に助かりました。

現在、期待通りの成果を得られていますか?

はい。徐々に販売数量や知名度も上がってきています。懇意にしていただいているお客様が口コミで広めてくださっているので、非常にありがたいです。

補助事業について、今後の展望をお聞かせください。

さらなる生産力の向上を図っていきたいですね。そのためには、まだまだ設備の導入が足りません。とはいえ、10トン、20トンの量を必要とされる大手企業様とのお取引は現在考えておりませんから、少しずつ生産量を上げていきたいですね。

本展示会ではどんなことを期待していますか?

百貨店様や冷凍食品メーカー様とのマッチングに期待しています。また、生産量を向上させるために協働していただける工場様も見つけられれば良いなと考えています。安定して供給できればその分だけ価格も下げることが可能ですので、安定生産に向けて頑張っていきたいです。
また、来場者・出展者を問わず少しでも多くの方に食べていただき、「こんな冷凍牡蠣があるんだ」ということを知ってほしいです。

有限会社柴崎商店の補助事業写真

企業プロフィール

出展者名
有限会社柴崎商店
創業年月
大正13年
代表者
柴﨑 昌平
本社所在地
〒737-0823 広島県呉市海岸2丁目12-2
TEL/ FAX
0823-22-2301/0823-21-0351
Webサイト
http://www.kaisanbutsu.co.jp/index.html
資本金
1,000万円
従業員数
7名
取扱製品
海産物卸、海産物製造・販売

その他の注目の出展者