中小企業 新ものづくり・新サービス展

セキュアロジック株式会社(東京)

「展示会の新たな市場として高度な3D技術を駆使したクラウド展示会場を開発」

セキュアロジック株式会社 代表取締役 平井 靖

0N0A8387

出展プロフィール

会場
東京
出展ゾーン
情報・通信
ものづくり補助金の事業計画名
平成26年度 展示会の新たな市場として高度な3D技術を駆使したクラウド展示会場の開発

VR技術を活用、ネット上で展示会開催

御社の主な事業内容を教えてください。

広告業を主な事業内容としてスタートしましたが、現在はクラウド展示会場「エアメッセ」の運営がメインとなっています。

経営理念やモットーはありますか?

日本のものづくりを活性化させていくことを目的として、「いいものが当たり前に売れる世の中に」、「どんな小さな企業にもそのチャンスを提供」できる社会を目指して、大きく日本経済や社会に貢献していくために日々業務に取り組んでおります。

本展示会の出展物(ものづくり補助金を活用して開発した製品・サービス・技術等)について教えてください。

平成26年度の「展示会の新たな市場として高度な3D技術を駆使したクラウド展示会場の開発」という事業で開発したクラウド展示会場「エアメッセ」を出展いたします。

「エアメッセ」とはどのようなサービスなのでしょうか?

VRの技術を用いてネット上にリアルな空間を作り、実際に展示会に行ったのと同じような疑似体験をしてもらう、というサービスです。基本的な考え方は展示会と一緒なので、様々な企業様が集まった会場の中で展示ブースを出し、来場者が興味を持てば商談も始めることができます。

VRと言ってもあくまでビジネスユースを想定しておりますので、事務所でも違和感なく使えるよう、パソコンやタブレットを使っていただくのが基本的な方法になります。

補助金で開発された「エアメッセ」のメリットは何ですか?

エアメッセを使ってインターネット上にブースを展開させておけば、24時間365日の展示が可能なので、展示会の開催期間に関わらず商談チャンスを作ることができます。また、リアル展示会の開催前に同じものをエアメッセで展示しておけば、「面白そうだから行ってみよう」ということでお客様を呼び込むこともできます。インターネットを通じて来場者数を増やすことができますので、展示会を企画・運営している企業様にとってもメリットがあると考えています。

もちろん、時間の都合で展示会に行けなかった方や、「もう少しじっくり検討してみよう」というお客様をエアメッセに誘導できれば、よりじっくりと魅力を感じてもらうことができます。そのためのツールの一つとして、現在QRコード埋め込み型の名刺も試作中です。クラウド展示会場エアメッセは、出展企業、来場者、企画運営企業と展示会に関わるすべての方に役立つものだと考えています。

補助事業を始めようと思ったきっかけは何ですか?

私たちも展示会に出展するのでよくわかるのですが、展示会は機材の搬入や設営など、ただ出展するだけでもかなりのコストがかかります。実際お話を伺うと、コストに見合ったリターンがないという企業様も多くいらっしゃいます。今はインターネットの時代だから、なんとかしてお役に立ちたいと思い、エアメッセの開発を考えました。

ネット経由で世界のどこからでも見られる展示会を

ものづくり補助金を活用しようと考えたきっかけは何ですか?

やはり開発にはコストがかかります。良いものを低コストで作ろうと考えた時、補助金を活用させていただくのが一番だと考えました。

クラウド展示会場「エアメッセ」の開発にあたって困難だった点は何ですか?

secure_2
ものづくり補助金で開発した「エアメッセ」の展示ブース

私自身もう30年以上システム開発に関わっていますから、開発自体は順調でした。補助金を申請した時点ですでに市場調査や設計などは済んでいましたから、あとは形にするだけでしたね。
ただ、その後は大変でした。私たちがエアメッセの運用を開始したのが2016年なのですが、世の中ではようやくゲーム機と連動させて使うヘッドセット型のVR機器が出始めたころでした。そのため、まだまだVRのビジネスユースなど、理解してもらえないような段階だったのです。ただ、今年に入って徐々にお問い合わせが増えて参りました。ニーズは着実に増加していると思いますので、これから頑張っていきたいですね。

補助事業について、今後の展望をお聞かせください。

日本の展示会に出展しても、来場するのはほとんどが日本の企業様ですよね。しかしエアメッセに出展すれば、インターネットを経由して世界中のどこからでも展示を見ることができます。今はこの利点を生かすべく、展示の英語化を模索している最中です。また将来的には、中国やインドなどの内需が強い国の国内向け展示会への進出もあり得るのかな、と考えています。

それからエアメッセでは、通常の展示会では難しい来場者様の行動ログを、データとして抽出することが可能です。来場者様がまずどこを見るのか、そしてどんなものに興味があるのか。こういったマーケティングデータの収集も、今後力を入れていきたいところです。

今回の展示会ではどんなことを期待していますか?

今回私たちがマッチングしたい相手は、大きく分けて2つです。
1つはエアメッセを使って情報発信をしたい企業様。少し先の話になりますが、2020年の東京オリンピックの時には、幕張メッセとビッグサイトが閉鎖される予定となっています。この期間中、主要な展示会場は大手企業様が押さえてしまうと思うので、積極的に展示会を開催していきたい中小企業様にはぜひエアメッセを活用していただきたいですね。

もう1つは、展示会の企画運営企業様です。リアルの展示会に出展する際、「希望する企業様はエアメッセでも展示ができます」と、展示会のオプションの一つとしてご利用いただけるのではないかと考えております。

企業プロフィール

出展者名
セキュアロジック株式会社
創業年月
2014年11月
代表者
平井 靖
本社所在地
〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川4-13-26
TEL
045-912-2099
Webサイト
http://www.securlogic.co.jp/
資本金
500万円
取扱製品
クラウド展示会場「エアメッセ」

その他の注目の出展者