中小企業 新ものづくり・新サービス展

コーワテック株式会社(東京)

「ゴム人工筋肉の遠隔操縦によって、危険な現場での重機作業を可能に」

コーワテック株式会社 SAM統括部 顧問 大橋 啓史

出展プロフィール

会場
東京
出展ゾーン
情報・通信
ものづくり補助金の事業計画名
平成25年度 無線遠隔操縦ゴム人工筋肉駆動型ロボットの商品化試作開発

人が立ち入れない危険な場所でも重機を動かせる

御社の主な事業内容を教えてください。

主な業務は特装車事業で、特装車の製造から設計・販売までを行っております。約半世紀にわたって「お客様に合わせたオンリーワンの特装車づくりを行っていこう」をモットーに掲げ、様々な特装車をお客様にお届けしています。

本展示会の出展物(ものづくり補助金を活用して開発した製品・サービス・技術等)について教えてください。

コーワテック様_3
コーワテック株式会社SAM統括部顧問の大橋 啓史さん

ものづくり補助金は平成25年度に「無線遠隔操縦ゴム人工筋肉駆動型ロボットの商品化試作開発」という事業計画名で利用させていただきました。今回は補助事業によって完成した製品「アクティブロボSAM」を展示させていただきます。
アクティブロボSAMは、ゴム人工筋肉を利用したロボットです。このロボットを操縦席に搭載することで、油圧ショベルなどの建機を遠隔操縦することが可能になりました。

ものづくり補助金は何に活用されましたか?

ロボットを開発するにあたっては、形にするだけでなく実証試験などをして使いこんでいく必要があります。そこで得られた結果をもとにさらに改善を加える。このサイクルを繰り返すことで、実用的で完成度の高いものになります。この過程で計測機器から始まり、実際に本体を作っていくまで莫大な開発費用がかかるのですが、ものづくり補助金はその機器の購入などに使わせていただきました。
我々中小企業は贅沢な資金があるわけではありません。このような国の補助金制度は非常にありがたいと感じております。

補助事業として、アクティブロボSAMの開発を始めたきっかけは何ですか?

弊社は元々特装車事業一筋の企業でした。ただ、その事業だけでは会社として年間の繁閑差が大きくなってしまうので、何か新規事業を、と考え始めたのがきっかけです。幸いゴム人工筋肉に詳しい社員がおりましたので、その社員を中心にゴム人工筋肉ならではの使い方を考えていったところ、油圧ショベルの遠隔操作ロボットという答えを導き出すことができました。

重機のベテランオペレーターも納得の操作感へ

アクティブロボSAMを利用することのメリットはどこにありますか?

コーワテック様_2[2]
アクティブロボSAM

危険な現場の重機作業では、操縦者の身に危険が及ぶ二次災害の心配から、作業が滞おってしまうことも少なくはありません。遠隔操縦が可能になれば、二次災害のリスクを減らすことができるので、安全かつ迅速に作業を進めることが可能です。また、原子力発電所の廃炉作業において、侵入禁止区域で発生する作業でも、遠隔操縦であれば重機作業が可能になります。様々なリスク、障害を伴う作業において、遠隔操縦でより安全に作業を進めることができることは大きなメリットです。

また、弊社のロボット独自の特徴として、駆動系にゴム人工筋肉を使っているという点があります。作業の正確性においては電動モーターや油圧に劣りますが、重機に乗せることを考えると、衝撃を吸収しやすいゴム人工筋肉の方がより作業をスムーズに行えるのです。

開発は順調でしたか?

最初は非常に苦労しました。油圧ショベルは4つのレバーで操縦するのですが、このレバー制御が上手くいきませんでしたね。
そこから研究を重ねてレバー制御が上手くいくようになると、今度はレスポンス速度が大きな課題になりました。電動モーターや油圧と同じようにゴム人工筋肉を使用すると、どうしても入力に対する反応が遅くなってしまうのです。大幅な見直しを行い、改善を繰り返すことでレスポンスを良くすることに成功し、テストにご協力いただいたベテランショベルオペレーターの方にも満足していただけるものとなりました。

補助事業について、今後の展望をお聞かせください。

商品化に成功し、ひとまず営業活動を開始する段階までは持ってくることができました。とはいえ、我々中小企業は資金が多くはありませんので、展示会などを通じて少しずつPRを続けている段階です。
おかげさまで、営業・PR活動開始の2015年から約3年たちまして、商談やHPを通してのお問い合わせも増えており、販売実績も伸びてきております。当初の期待通りとはいきませんが、これからに期待しています。

本展示会ではどんなことを期待していますか?

非常に裾野が広く、また、変化の速い業界でありますので、展示会では皆様に弊社のアクティブロボットSAMを見ていただいて、様々な情報交換ができればと考えています。そこで得られた考え方やポリシーといった精神的なものから部品の構成など実践的な情報を通じて、製品の品質をより向上させ、ステップアップさせたいですね。

コーワテック株式会社の補助事業写真

企業プロフィール

出展者名
コーワテック株式会社
創業年月
2001年12月
代表者
小栗 裕治
本社所在地
〒105-0003 東京都港区西新橋1-9-1 アコール新橋3F
事業所所在地
湘南事業所 神奈川県高座郡寒川町一之宮5-18-18
TEL/ FAX
0467-72-5081/0467-74-4168(湘南事業所)
Webサイト
http://www.kowatech.co.jp
資本金
3,500万円
従業員数
約50名
取扱製品
特種車の製造販売 ロボットの設計開発・製造・販売 他

その他の注目の出展者