中小企業 新ものづくり・新サービス展

株式会社きんそく(大阪)

「ICTを活用した次世代の測量技術」

株式会社きんそく 取締役副社長 兼 商品開発事業部 部長 山田 泰史/
商品開発事業部 ICT推進アドバイザー 三浦 圭乃子 

0Y1A1386

出展プロフィール

会場
大阪
出展ゾーン
農林水産・食品・建設・工事
ものづくり補助金の事業計画名
平成25年度 建設業における建設生産システムの加速事業

3D機器の導入によって、より高度かつ高速な測量が可能に

御社の主な事業内容を教えてください。

弊社では、測量やコンクリートの調査、土質試験、家屋調査や設計、建築測量などを行っております。メイン事業である測量では、弊社の強みである地下シールドの到達精度の精確性を評価され、役所関係やゼネコン様からお仕事を頂いております。

経営理念はございますか?

0Y1A1269
株式会社きんそくの山田 泰史さんと三浦 圭乃子さん

「全従業員の物心両面の幸福を追求し、お客様の満足を得ることを使命とし、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。」という経営理念を掲げております。全従業員及び社員の家族も含めて幸せになってもらう。そのために弊社はお客様第一主義を貫き、たくさんのお仕事を継続的に頂いております。
従業員の幸せとお客様の満足。この2つを求めていけば企業価値は自然と高まるでしょうし、また社会の進歩発展にも貢献できると考えております。

本展示会の出展物(ものづくり補助金を活用して開発した製品・サービス・技術等)について教えてください。

ものづくり補助金は、平成25年度の「建設業における建設生産システムの加速事業」に活用いたしました。ドローンや3Dスキャナ、3D設計データなどを使い、より高度かつ高速に測量を行うという事業です。
ものづくり補助金を申請した当時は、世間ではまだICTの分野は発展していませんでした。しかし新時代を担う技術だと感じ、挑戦しようと考えたのです。

ものづくり補助金を活用しようと考えた理由は何ですか?

きっかけは、レーザースキャナを導入したい、と考えたことでした。しかし、資金面からなかなか手を出せずに悩んでいた所、丁度ものづくり補助金をご紹介いただいたので活用させてもらいました。

ICT技術を提供して、お客様自身の付加価値をも高める

補助事業をサービスとして展開していく中で、苦労した点は何ですか?

0Y1A1430
測量データを確認

小規模工事の場合、既存の測量の方がコスト的に安い場合があるので、そういったところでは断られてしまうことも多かったですね。
ただ、弊社には大規模工事のゼネコン様と取引がありましたので、興味を持ってくださるお客様は多くいらっしゃいました。私たちが導入した新技術を利用すれば、お客様ご自身もより高い付加価値を提供することができます。そのため、サービスの展開は比較的スムーズにいったと感じております。

ICT測量はこれまでの測量と比べ、どう違いますか?

簡単に測量ができますね。測量における工数が激減し施工の工程が短縮できることにより、生産性が向上しました。
また、大規模工事においては安価で済むため、コストの削減ができます。

補助事業について、今後の展望をお聞かせください。

今回の補助金を活用して導入した機械を用いて、ICTの分野により力を入れていきたいです。特にモデル作成などの事業には、全社を挙げて取り組みたいと考えております。

株式会社きんそくの補助事業写真

企業プロフィール

出展者名
株式会社きんそく
創業年月
1992年5月
代表者
奥野 勝司
本社所在地
〒601-8134 京都府京都市南区上鳥羽大溝6番地
TEL/ FAX
075-682-7710/075-682-7720
Webサイト
http://www.kinsoku.net/
資本金
2015万円
従業員数
207名
取扱製品
建設コンサルタント事業:①測量、②ICT、③コンクリート調査、④地質調査、⑤設計計画、⑥家屋調査、⑦環境調査、⑧建設CALS/EC支援、⑨システム開発、⑩建築測量
人材派遣事業:①施工管理、②CADオペレーション、③一般事務

その他の注目の出展者