脱炭素社会の実現に向けた政策動向と
新たなビジネスチャンス

12.14(水)
13:30 - 14:30

東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授
松本 真由美

企業のESG戦略の強化が加速し、脱炭素化に向けた流れが活発化しています。
本講演では、脱炭素社会実現に向けた世界の潮流、日本の脱炭素戦略、その中でのビジネスチャンスについて、
政策動向、様々なデータや事例紹介を交えてお伝えします。

松本 真由美

Mayumi Matsumoto

東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授

松本 真由美

大学4年の頃からTV朝日の報道番組のキャスターを4年半務めた後、NHK BS1でワールドニュースキャスターを6年間務める。環境NPO活動を経て、2008年5月より研究員として東京大学での環境・エネルギー分野のプロジェクトに携わり、2013年4月より現職。
現在は教養学部での学生への教育活動を行う一方、講演、シンポジウム、執筆など幅広く活動する。総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」、産業構造審議会「グリーンイノベーション部会WG1:グリーン電力の普及促進分野」等、政府の審議会の委員も務める。
NPO法人国際環境経済研究所(IEEI)主席研究員・理事。NPO法人再生可能エネルギー協議会(JCRE)理事。原子力発電環境整備機構(NUMO)理事(非常勤)

経歴

熊本県生まれ。上智大学外国語学部卒業。東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授。専門は科学コミュニケーション、環境エネルギー政策論。研究テーマは、「エネルギーと地域社会との共存」、「エネルギー政策の国際比較」「企業の環境経営動向(ESG投資、SDGs等)」等、環境とエネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を追求する。

【委員】総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入次世代電力ネットワーク小委員会」委員/環境省地域再省蓄エネサービスイノベーション促進委員会委員/国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構「NEDO技術委員」/「産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会 自動車自動車部品自動車車体WG」委員/「国立市環境審議会」委員/北杜市太陽光発電等再生可能エネルギー発電設備設置に関する検討委員会/関西電力「原子力安全検証委員会」委員

お問い合わせ

CONTACT

来場者の方/取材申込/その他はこちら

運営事務局のお問い合わせ先

所在地
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
受付時間
10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TEL
03-3502-6871
E-mail
jimukyoku@shin-monodukuri-shin-service.jp

出展者の方はこちら

展示事務局のお問い合わせ先

所在地
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
受付時間
10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TEL
03-5946-8843
E-mail
tenji@shin-monodukuri-shin-service.jp

来場者

来場登録・ログイン

ご来場には事前の来場登録が必要です。
新型コロナウイルス感染対策のため、必ず「来場登録」をお願いします。
登録後、マイページが開設されます。
マイページより、セミナーへの申込や各出展者とのやり取りなどが可能となります。

初めての方はこちら

来場登録

登録がお済みの方はこちら

マイページログイン