緊急災害時でも、安心安全な水を提供する

仙代テック株式会社(兵庫県・三田市)
代表取締役 長谷川良果

雨水やプールなどの貯水から高純度の飲料水を短時間で精製

レインセパーアクアシステム

─補助事業の成果である製品・サービス・技術等について教えてください。

弊社はボトルウォーターの製造・販売を事業としています。その技術を活かし、逆浸透膜(RO膜)フィルターを用いて「レインセパーアクアシステム」を開発しました。これは、緊急災害時に対応する浄水&給水インフラで、雨水やプールなどの貯水から高純度の飲料水を短時間で精製することができるものです。

逆浸透膜(RO膜)フィルターは、世界中の水処理プラントで採用されており、海水を淡水化しRO水(ピュアウォーター・純水)をつくる名目で開発された浄水技術です。水分子以外の不純物を取り除くことができ、煮沸させただけでは除去できないミネラルや有害物質までも除去することが可能です。赤ちゃんのミルクにも使えるピュアウォーターになります。

特徴は、異なるフィルターを使い分けることができることです。平時には簡易浄水モードで使用し、散水やトイレの水などの生活水に活用いただけます。そして非常時には浄水装置を介して高精製することで飲料水としてご利用いただけます。ハイブリッドな水の自給自足システムになっていることで、フィルターの寿命を長くすることができることがメリットです。

ものづくり補助金を活用し、水の成分を分析する機械や顕微鏡を導入しました。貯水にはさまざまな菌が含まれています。見た目だけでは分からないため、開発のためには必要なものでした。

浄水した水の比較

─それは世の中にどう役に立つとお考えですか?

日本では災害が頻繁に起こっています。被災地の方に何に困っていますかと聞くと「安心して飲めるお水がない」という声が圧倒的に多くありました。弊社はお水を扱う企業として、安心して飲めるお水を提供することに責任があると考えています。そのため、災害が起きたとき、ボトルウォーターを備蓄品として援助しており、飲料水としてとても重宝していただいています。しかし、1本が12リットルのボトルなので、ライフラインが止まっていると簡単には届けることはできません。

備蓄水を保管されている自治体も多いですが、賞味期限や場所の問題があります。「レインセパーアクアシステム」があるといざというときは、川の水からでも安心安全なお水を作り出すことができます。

─競合と比べて優位性は何でしょうか?

災害時の浄水キットはたくさん市販されていますが、1000万分の1のフィルターを通して安心安全なお水を作るか、目の細くないフィルターで浄水するかのどちらかで、双方ともに使えるものはありません。平時でも緊急時でも両方で使えることが「レインセパーアクアシステム」の強みです。

災害時に活躍するのは給水車ですが、1台で1000~2000万円はします。しかも、給水車が水を作るわけではなくどこからか運ばなければいけません。「レインセパーアクアシステム」は、300万円なので、給水車より安価です。

地方自治体や学校や病院、大規模商業ビルなどとマッチングしたい

─どのような使用シーンをお考えですか?

地方自治体や指定避難所、学校や病院、大規模商業ビル、ショッピングセンター・銭湯などでの使用を考えています。雨水タンクや原水槽があるところです。大学から「池の水でも大丈夫ですか」とお問合せをいただきましたが、問題はありません。

「レインセパーアクアシステム」は使わない限りは汚れません。3年おきくらいに弊社のスタッフが訪問させていただき、メンテナンスをさせていただきます。

─どのような場所・人に使ってもらいたいとお考えですか?

まだまだ導入実績が少ないので、今後、PRをしていきたいと考えています。

弊社では生活水には適用しない、飲料水を作る機械も持っているのですが、それは保育園や病院関係、企業で導入していただきました。10分で2リットルくらいのお水を供給できるものです。備蓄水が不足した場合のレスキューとして置いていただいています。

─どのようなバイヤーとマッチングしたいですか?

地方自治体や指定避難所、学校や病院、大規模商業ビル、ショッピングセンター・などとマッチングしたいと考えています。また、販売を担っていただける商社も探しています。また、変わったところでは温泉の施設でも導入していただけると考えています。温泉などは身体を休めるためのお風呂は供給できますが、温泉水は飲料水に適していないことがあります。大勢の方が宿泊されるホテルや旅館も同様です。また、プールの施設を持たれているホテルでも有効です。緊急時は温泉水やプールのお水を飲料水にすることができます。

─今後の展望を教えてください。

近年、災害が大きくなっていっているのが分かります。災害で最も困るものはお水です。しかも、安心安全なお水を確保するのは困難です。「レインセパーアクアシステム」は多くの人を助けられると思っています。

本当に安心安全なお水を提供する

SLIM AQUAの工場

─御社の概要や特徴、事業内容を教えてください。

弊社はボトルウォーターが7割を占めています。全国に配達しています。

成人の人間の約60~65%が水分です。人間にとってお水は大事なものです。日本では蛇口を開けば飲めるお水が出てきますが、海外には安心安全なお水が簡単には手に入らない国もあります。お水は今後、もっと重要なものになると考え、この事業を立ち上げました。

社員

─どのような背景・目的で本事業に取り組んだのですか?

ボトルウォーターの製造を始めて20年が経ちます。始めた当初はまだ、お水を買う時代ではありませんでした。「お水なんて売れない」とよく言われたものです。しかし、私は、「そのお水は本当に安心安全なお水ですか?」と投げかけています。弊社は安心安全に自信が持てるお水を製造しています。災害時でも安心安全なお水を提供したいと考えています。

また、緊急災害用の水確保に役立つ、持ち運びができる小型の「ラクサットレスキュー」も開発しました。この「ラクサットレスキュー」は、アメリカのNASAで開発されたナノテクノロジーを基軸に開発した浄水技術で、RO水(不純物をほぼ100%取り除いたお水)を手動で生成することができる新しい防災アイテムです。こちらも展示会でお見せしたいと考えています。

出展情報

Data

出展物の業種
医療・生活・ヘルスケア
補助事業実施年度
平成27年度
補助事業計画名
自社独自の水質機器によりものづくりが実現した緊急災害用機器(小型・大型)安心安全な水を創ります

企業プロフィール

Profile

社名
仙代テック株式会社
創業年月
平成16年7月
代表者
長谷川良果
本社所在地
〒669-1357 兵庫県三田市東本庄2068-1
TEL/FAX
079-560-0410/079-560-0411
ホームページ
https://www.sendaitech.co.jp
資本金
3,000万円
従業員数
7名
取扱製品
逆浸透膜水・ウォーターサーバー・純水器等の製造・販売

お問い合わせ

CONTACT

来場者の方/取材申込/その他はこちら

運営事務局のお問い合わせ先

所在地
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
受付時間
10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TEL
03-3502-6871
E-mail
jimukyoku@shin-monodukuri-shin-service.jp

出展者の方はこちら

展示事務局のお問い合わせ先

所在地
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
受付時間
10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TEL
03-5946-8843
E-mail
tenji@shin-monodukuri-shin-service.jp

来場者

来場登録・ログイン

ご来場には事前の来場登録が必要です。
新型コロナウイルス感染対策のため、必ず「来場登録」をお願いします。
登録後、マイページが開設されます。
マイページより、セミナーへの申込や各出展者とのやり取りなどが可能となります。

初めての方はこちら

来場登録

登録がお済みの方はこちら

マイページログイン