女性座談会登壇者インタビュー 「栄商金属株式会社 新タ 法子」(東京都)

「自分の力で全く新しいものを作り上げた時の喜びが、
仕事のやりがいにつながっています」

栄商金属株式会社 電気工場 新タ 法子さん

企業プロフィール

栄商金属株式会社は、金属部品の商社としてスタートしたのち、現在は三次元測定・検査や解析、電線や特殊コネクターの加工、製品や部品のリバースエンジニアリングなどを行っている会社です。その多岐に渡るジャンルのノウハウを活かし、「ものづくり相談」というものづくりのサポートも行っています。「中小企業 新ものづくり・新サービス展」にも出展される予定で、自社製品である「体圧分散マットレス F7(エフナナ)」を出展いただきます。

従業員全員の仲が良く、社長を慕っています

―入社されてからこれまでどのような仕事をされてきましたか?

私が担当している仕事の主な内容としては電子の分野の電線関係やはんだ付け、ロットからの加工ものなどをさせていただいております。弊社には2012年に入社いたしまして、それ以前は別の企業で20年ほど働いておりました。その頃から栄商金属とは関わりがあったのですが、当時働いていた企業の社長が倒れたことをきっかけに、栄商金属に入社することになりました。入社してからも、以前からやっていた内容と同じ仕事をしております。以前勤めていた企業と栄商金属との縁があったお陰で、ビジネススタイルなども変わることなく転職できてとても良かったです。具体的な仕事内容としては、例えば機械の中の配線をしております。お客様から図面を頂いて、電線のカットから、はんだ付けなどの電線の端末処理などが主な業務内容です。

―今携わっている仕事のやりがいを教えていただけますか?

納期が守れた上で顧客満足度の高い新しいものを作り上げた時の喜びは、やりがいにつながっています。自己満足の部分はあるかもしれませんが。お客様からいただいた図面を見ながら作業するのですが、見たことのないものもたくさんあるので、試行錯誤しながら完成させた時はとても嬉しいですね。また、出産して子どもが大きくなるまでは、子ども優先で仕事をしていたのですが、今では子どもも大きくなり、独立しています。かといって仕事一筋になったわけではなく、例え仕事が遅くなってもご飯は手料理で作ることを心がけています。やりがいとは少し違うかもしれませんが、家庭との両立は大事にしています。企業側にも理解してもらっているので、とても助かっていますね。

―あなたから見た御社の良いところは何ですか?

少人数の会社ではあるのですが、みんな和気あいあいとしていて、また社長の人柄も明るいところです。よく相談にも乗っていただいています。アドバイスなどもしやすい環境で、わかりやすく話してくれるので、社員全員、社長を慕っていると思います。そのような信頼関係や仲の良さは、やはり楽しく仕事ができている要因の一つではないかと。また、弊社は多岐に渡る分野の仕事をしているので、縦のラインではなく横のラインで様々なアプローチをして一つの案件にあたっています。その点は、弊社の良いところと言えるのではないでしょうか。

新タさんが最近気になっていること

50才を過ぎ、何歳くらいまで仕事ができるだろうかということは気になっています。長く仕事を続けるためにも、健康維持というところが課題になっていますね。とはいえ、今気をつけていることって言われたらそこまでないんです。今はお酒を飲むことや犬の世話、主人と話すことなどが毎日の楽しみになっています。

新タさん専用スペース「新タ工場」は会社を支えている存在です

―新タさんのお仕事ぶりはいかがですか?

代表取締役社長 佐山行宏さん

弊社はもともと商社でした。時代が変わり、ものづくりの会社に生まれ変わった際、検査に目をつけ企業の検査屋としての方向性が確立いたしました。その後弊社では様々な部門が誕生しておりますが、強みとしてはリバースエンジニアリングという技術です。これは製品を3Dスキャナで図面化し、また、各種加工や今話題の3Dプリンタで作成するといったものです。このように弊社の強みがある中、新タには電子の部門で大変大きな力になってもらっております。特に電線加工の分野では司令官のような人なので、かなり任せている部分が多いですね。

―女性だからこそ担えている役割はありますか?

若い世代を支える存在になっているところはとても大きいです。新タが作業しているスペースは社内でも少し独立された空間となっておりまして、「新タ工場」という通称がついています。他の社員が仕事で行き詰まると、「新タ工場」まで行って相談をしているようです。そういった面で、様々な仕事を支える裏方的な存在にもなっているのかなと思いますね。

新タ法子さんは、12月6日(水) 15:00~16:20の
特別企画「ものづくり・サービス 女性座談会」に登壇します。
こちらから事前予約が可能です。

http://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/seminar/josei_t/

企業情報

企業名 栄商金属株式会社
代表者 代表取締役社長 佐山 行宏
所在地 (本社)〒146-0092 東京都大田区下丸子2-1-3
(東京事業所)〒146-0092 東京都大田区下丸子1-17-18 栄商ものづくりLAB
TEL/FAX番号 03-3759-1207/03-3759-1255
資本金 1,000万円
従業員数 9名
主な事業内容 ものづくりプランニング・金属加工コーディネート
各種ダイカスト・鋳物等の溶湯加工物の調達代行・営業代行
配線材加工;リード線・コネクターケーブル
リバースエンジニアリングサポート
三次元測定サービス
RoHS/WEEE&ELV 環境汚染物質検査サービス
古河電気工業㈱(古河電工)特約店
美容機器・健康機器の開発及び量産サポート
ホームページ http://www.eisyo.co.jp/

他の女性活躍企業様