注目の出展企業 「株式会社ユカシカド」(東京都)

「不足している栄養素を完全に補填できる食品を提供したい」

株式会社ユカシカド 代表取締役兼CEO 美濃部 慎也

企業プロフィール

会場
東京
ブース番号
30
業種
食料品製造業
所在地
【本社】
 〒150-0001
 東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG 2B
【YUKASHIKADO LABO】
 〒673-0044
 兵庫県明石市藤江2029-1

人が生きていく上で必要不可欠な『食』の中でも『栄養』に特化した事業を

― 力を入れている事業分野についてお聞かせください。

私達は衣食住、情報、娯楽が人が生きていく上で必要不可欠なものと考え、その中の『食』、特に『栄養』という部分に特化してソリューションを提供しています。また中でも更に2つの領域、食事とビタミン・ミネラルについての『ベースニュートリション』と、目的別のサプリメントについての『ファンクショナルニュートリション』に力を入れています。

notabe_img_02

― こちらの事業に着目したきっかけはありますか?

私は学生時代にアメフトをやっていました。その時に所属していたチームが栄養摂取面でとても力を入れており、やはり身体作りには『環境』が大事だなという思いが芽生えたのです。
そうした思いを持って、あるとき発展途上国に行く機会がありまして。『環境』のベースとも言うべき衣食住の中で何が一番大事かと言えば『食』であり、栄養をしっかり摂っていくことが大事だと思いました。

― 現在は日本のみで展開されているようですが、海外も視野に入れていますか?

そうですね。ただ、日本でも子どもの貧困などからくる栄養の問題がありますから、まずは目の前のことを解決し、それから海外に広げていきたいです。まだ企業体力がないので、日本でのマーケット拡大から挑戦していこうと考えています。

― 食品を扱っている企業は多くありますが、御社の独自性はどういった点でしょうか?

食品業界ではスタートから製販一体の体制を作っている会社がほとんどない中で、弊社はまず工場を持つことからスタートした点です。自己資金とものづくり補助金を上手く利用して、小さいながらも工場を作りました。これには大きなメリットがあります。
自社の工場をお持ちでない企業さんは、企画をしてOEM生産をする形が一般的でしょうが、それだと最小生産数がかなり多くなるし、企画から製品完成までの時間も長くなります。その点弊社は、自社でテストしたい少量から生産でき、企画から2週間もあれば製品完成させることもできます。他社さんがマーケティングをしながら半年かけて1つの製品を作っている中、2週間で作ってすぐ販売を試せる。これができるのが弊社の独自性であり、強みですね。

― 現在は直販も卸しも行っているのですか?

直販ECサイトを運営しつつ、卸しも最近スタートしました。きっかけは、展示会に初出展した際に多くの引き合いをいただけたことです。製品のデザイン性と「エルゴジェニックフード」という、世界でもほぼ初めての領域を開拓している点を評価いただけたと思います。一般的にサプリメントは合成の栄養、食事は完全なる天然の栄養だとしたら、私達が作っているのは『サプリメント形状の食事』なんです。100%天然のビタミン、ミネラルをカプセルに詰めてサプリメントにしています。それをエルゴジェニックフード、そしてスマートサラダと呼んでいます。意外とあるようでありません。
創業当時からこの商品を開発しようと思っていたわけではなく、どのようにやっていこうかと模索していました。縁があってバングラデシュに行った際に、栄養状態を改善する食品の必要性を強く感じ、不足している栄養素を完全に補填できる食品の開発・提供を決意したのです。

『実行』し続け、『世界中のどんな小さな売店にでも、自社の商品を置いてもらえる』を実現したい

notabe_img_02

― 今回出展される栄養バランス食品の強みは何でしょうか?

『世界初』という点ですね。エルゴジェニックフードという考え方がそもそも世界にはありませんでした。100%天然のマルチビタミンを作っているのも弊社だけです。天然と合成には大きく違いがあり、例えば、ニンジンからβカロテンだけを抽出した場合、ニンジンに残った他の栄養素は廃棄されてしまいますが、そのβカロテンだけをサプリメントに入れても、人間の体が吸収する効率は高くありません。
ニンジンをそのまま食べるように、他の栄養素と一緒に体に入れることが大事なんです。また、水溶性のビタミンだと、摂取しても2時間ぐらいで排出されてしまいます。そのビタミンをいかに長く体内にとどめておくかも重要で、天然のビタミンは合成のものより3倍長く保有することができます。100%天然のビタミン、ミネラルはそれだけ優れているのです。ただ一方で、価格は高くなってしまいますね。

― こちらの商品はどういったニーズに応えるものでしょうか?

実際にお声掛けいただいてるのは50代ぐらいの方が多いですが、ターゲットにしたいと考えているのはジムに通っているサラリーマンの方です。どうしても若い人はラーメンなど、特定の栄養に偏った食事をしてしまいがちですよね。こうした食事ばかりでは、体内の栄養バランスが崩れてしまいます。
そんな時に弊社のエルゴジェニックフード『TURF』を食べる。そうすると、栄養のバランスがとれる。これはしっかりと説明しないとなかなか評価してもらいにくく、難しいところだと感じています。実際、パーソナルジムや展示スペースを確保できるお店で、特に多く販売いただいていますね。

― どういった業種の方とコラボレーションの可能性がありますか?

今一番、組みたいなと考えているのは、私達がターゲットにしようとしている層に販売力のある企業さんです。飲食店さんや小売業や販売代理店などでしょうか。様々な場所に置いてもらいたい。それこそラーメン屋さんだったり、弊社商品の高価を一番感じていただける層に、直接アプローチできる企業さんとお話させていただきたいです。
ただ、私達が大事にしているのは、『努力をきちんと結果になせる』です。努力という才能を持っている人が評価される環境を作っていきたいと考えています。この考えに共感してくださる企業さんとでしたら、どんな業種の方でも一緒にお仕事できると思いますので、ぜひ一度お話させていただきたいです。

― 会社の成長のため、また製品価値の向上のために力を入れているところはありますか?

何よりも、『実行する』ということです。考えて考えて考えても実行しなければ実現しません。自分たちで決めた目標に向かってちゃんとやり続けることを大事にしています。現在の目標は、『世界中のどんな小さな売店にでも、自社の商品を置いてもらえるようになる』ということ。かなり無茶な目標ですが、実現させるために日々頑張っています。
また、まずお客様の声をきちんと聞くことを大切にしています。お客様の潜在的なニーズを仮説をたてながら探り、そのニーズを引き出すことを大事にしています。また、既に顕在化しているニーズも把握し、逃さず商品を作っていくことにも力を入れています。後者として、現在ウコンのサプリメントを作っており、機能性を高めつつ価格を低く抑えています。こちらの売上は多く、ご購入いただいたお客様に対して、エルゴジェニックフードをご紹介するという形もとっています。

株式会社ユカシカドの主力製品

  • エルゴジェニックフード『TURF』

他の注目出展企業様