注目の出展企業 「株式会社ウシオ」(大阪府)

「鈑金・プレス加工による金属製品の試作・少量製造に特化」

株式会社ウシオ 代表取締役 満潮 功

企業プロフィール

会場
大阪
ブース番号
426
業種
金属製品製造業
所在地
〒570-0043
大阪府守口市南寺方東通 5-21-21

お客様が求めるスピード感を重視した体制

― 力を入れている事業分野についてお聞かせください。

切削加工や板金加工といった金属加工分野の中で、板金加工に特に力を入れています。中でも試作品製作と言われる、設計開発のお手伝いを事業の軸とし、合わせてサイズが小さめの製品の少量生産も得意としています。弊社は、守口市で創業しており、かつてより家電メーカー様の製品試作に数多く対応させていただいております。最近では幅広く電子部品や一般的な標準機器向けの板金試作も行っていますね。

― 御社ならではの強みを教えていただけますか?

試作に特化し、専門的に行っていることです。他の板金加工を専門にしている企業様の場合は、量産対応を主軸としてそれに伴う試作もおこなっているという企業様が多いようですが、弊社は9割以上の体力を試作に特化させています。また試作品を求められるお客様は、スピードに対する要求水準が高いので、弊社も依頼に対するスピード感は最重視しています。

― スピードを重視する上で取り組んでいることはありますか?

従業員一人一人に複数の専門性を持たせ、常に幅広い依頼に応えられる体制を作っていることですね。ご依頼いただいたときに即対応できる体制が作れないと時間を無駄にしてしまいますので、交代で様々なポジションを担える多能工として育て、様々な工作機械を各自が使えるようにしています。

― どういった工作機械を設置されていますか?

板金設備としては厚さ12mm程度まで対応可能なレーザーマシンを設置しています。また、100mm程度まで加工できるワイヤー加工機も設置しており、スピーディな試作製作に必要な、積層簡易金型の製作プロセスなどに活用しています。

積層簡易金型によるスピーディかつ低費用での試作品・少量対応

― 積層簡易金型について詳しく教えていただけますか?

金属製品を作る際には、通常はまず金型を製作します。しかし、金型は大きな金属の塊を切削して作り上げるため、製作までに長い時間を要するのです。そこでこうした金型製作に要する時間を短縮するため、金属塊を削るのではなく、金属板を足して作る方法をとります。例えば高さ12mmの金型を作るなら、レーザーマシンで6mmの板を2枚製作し、重ねて一つにするのです。これが積層簡易金型です。通常の金型製作なら2日間かかるところを、積層簡易金型なら1時間でできてしまう場合もあります。弊社は試作品製作・少量製作に特化しているので、金型に求められる耐久性を考慮して、積層簡易金型の採用によってスピーディかつ低費用での対応を行っています。

― 御社の技術面での強みも教えていただけますか?

板金加工分野の中では、絞り加工が得意分野ですね。金属をただ曲げるだけではなく、凹ませる加工です。こういった加工にも対応しつつ、かつスピーディに製品を納入できることで、ご要望にお応えできているお客様も多いです。

― 展示会ではどういった企業様との出会いを期待されますか?

金属加工業の企業様の中には、弊社と同様に試作製作を主軸とされている企業様もいらっしゃると思います。弊社は板金加工に力を入れていますが、二次加工となる塗装やメッキ、焼き入れ等を行う企業様と組めれば、試作対応できる製品の幅が広がり、お互いにとってのメリットにつなげられると思いますね。

株式会社ウシオの主な製品および工場風景

他の注目出展企業様