注目の出展企業 「 株式会社スミタ」(石川県)

「高齢者や医療現場を支える、
ワンタッチ&無段階のロック機能を開発」

株式会社スミタ 代表取締役社長 墨田 雄二

出展プロフィール

会場
大阪
業種
その他製造業

ワンタッチで高さを調節できる機能と、ステッキやキャリーバッグの開発

―御社の主な事業内容についてお聞かせください。

自社開発の機械式無段階ロック装置の製造・販売です、と一言で言うとわかりにくいと思いますので、製品で言いますと、お年寄りが使う杖ですね。お年寄りでも使いやすいように、ワンタッチで長さを調節することができます。調節したい部分を持って伸ばすだけで、手を離せばロックすることができます。弊社ではこの調節機能を、「フリーストップ装置」と呼んでいます。

―その製品の特徴は何ですか?

やはり先程申し上げたような、ワンタッチで長さを調節することが可能なところです。通常のロック機能は、ロックをする際にネジで締めたり、ピンを入れたりなど、一手間かかってしまいます。そういった操作が一切なく、比較的簡単に誰でも利用することができる「フリーストップ装置」を弊社で開発いたしました。こちらの装置はさまざまな製品に利用することができます。わかりやすいもので言いますと、ステッキや椅子のヘッドレストやアームレスト、また、病院で点滴をぶら下げるスタンドなどにも利用されています。高齢者だけでなく手の使いにくい時や迅速な対応が求められるような現場や、繰り返し使っても壊れにくいということで、頻繁に調節が必要な場所で多くご利用いただいております。

―他にも「フリーストップ装置」を利用した製品はございますか?

移動支援キャリーバックといったものを開発しております。通常のキャリーバックは、後ろや横に持って引きながら移動させますよね。この持ち方は高齢者の方にとっては容易なものではないので、前に押すような形も取れるキャリーバックを開発中です。

こちらの「フリーストップ装置」を利用した場所は、まずハンドル部分です。通常のキャリーバッグは段階式にロック機能をかける形になっており、ロックをかけた後も継ぎ目の部分が少しグラグラしてしまっているものが多いと思います。そうすると、前に押して体重をかけた時にとても不安定になってしまうので、「フリーストップ装置」を利用することでより安定してどんな高さでもロックできるような製品にしました。また、前に押しても安定するようにキャスターが後方に出てきて安定させ、倒れにくいようにしています。

―製品を開発するにあたって苦労した点はありますか?

高齢者向けのステッキというのは、軽量かつ耐久性や信頼性が必要になってくる部門になりますので、高齢者の方でも難なく扱える重さ、耐久性を持った製品にするのにはやはり苦労しましたね。さまざまな大きさや材質で、試行錯誤を繰り返しました。現在は、材質は鉄、アルミ、カーボンを使用用途に応じて使い分けています。さまざまな素材で製造することが出来る技術は、弊社の強みの一つとなっていますね。

ものづくり補助金で導入したロボットが生産能力を3倍に

―ものづくり補助金はどの部分に利用されましたか?

2点ありまして、まず1点目が試験装置の導入です。通常の試験だと上下の動きに耐えられるかを検査するだけになってしまうのですが、人間が歩く際の、ステッキやキャリーバッグへの力のかかり方は非常に複雑です。そのため補助金を利用し、より人間の動作に近い試験が行えるよう、腕型のロボットを導入しました。その結果より複雑な動作も試験することができ、信頼性の高いものを提供できるようになりました。

2点目は開発と生産においての、産業用ロボットを使った省力化と品質向上です。具体的には、ロックを発生させるメカニズムを構成する部品を組み立てるためのロボットを導入しました。これまでは、人の手で作業を行っていましたが、ロボットがその作業を再現して部品の製造を行うことが可能になりました。また、不良品が発生した際には、このロボットが不良品を感知してくれるので、不良品が混ざることも少なくなりました。この2つの機能によって生産性と品質が向上。特に生産性に関しては、人手に頼る必要がなくなり、稼働時間も長くなったためおよそ3倍の生産能力を得ることができました。

―今後の事業展開をお聞かせください。

弊社は小規模な開発主体の会社なので、効果的なマーケティングをしていくことが非常に大切だと考えています。そのため、販売会社様と協力する体制を整えていきたいです。販売会社様を通じて、全国のさまざまな企業様と情報交換をスムーズに行っていけるようなネットワークを築いていきたいと考えています。既に3社ほどご協力いただいており、全国展開を始めてはおりますが、もっとわかりやすく、説明しやすいようなアプローチを考えていきたいです。また、展示会などでサンプルも出しておりますので、そういったところから海外展開も視野に入れたいと思っております。

株式会社スミタの主な製品や工場風景 

企業プロフィール

企業名
株式会社スミタ
ものづくり補助金利用事業名
①シニア層向け高機能軽量キャリーバックの開発
②介護と自転車の市場獲得のための安全性向上のロボットによる試作開発
③組立熟練作業のAIロボット化とクラウド管理
基本情報
創業年月 昭和60年4月
代表者 墨田 雄二
本社所在地 〒922-0336 石川県加賀市八日市町ニ1-2
TEL/FAX番号 0761-74-4465/0761-74-4485
Webサイト http://www.sumita-net.com/
資本金 1000万円
従業員数 6名
取扱製品 機械式無段階ロック装置

他の注目出展企業様