注目の出展企業 「有限会社藤井ピアノサービス」(鹿児島県)

「自分の練習不足じゃなかったんだ・・・
ピアノの練習の悩みを解決する新たなピアノ」

有限会社藤井ピアノサービス 代表取締役 藤井幸光

出展プロフィール

会場
大阪
業種
その他小売業

有名海外ピアノメーカーも太鼓判を押す「グランフィールピアノ」

―御社の主な事業内容についてお聞かせください。

ピアノの製造・販売・卸小売を行っております。現在は主にアップライトピアノにグランドピアノの様なタッチをもたせる「グランフィールピアノ」という製品の開発が中心です。

―「グランフィールピアノ」の特徴は何ですか?

ピアノを習う子どもたちの95%くらいが、家で練習をする際にアップライトピアノを弾いています。しかし発表会やコンクール、入学試験などではグランドピアノを演奏することになりますよね。実はアップライトピアノとグランドピアノは、形だけでなく機能も全く異なります。そのため、指の筋肉の使い方も随分と変わってくるのです。アップライトピアノは鍵盤を押した後に元の状態に戻らないと同じ鍵盤を押しても音が出せませんが、グランドピアノは鍵盤を3分の1ほど戻せば次の音が出るようになります。また、グランドピアノは本体が大きいため、アップライトピアノと比べるとより大きい音が出せるのはもちろんのこと、逆により小さい音も出すことができます。例えばグランドピアノの音量が10段階で1~10まで出せるとするのであれば、アップライトピアノは3~7ぐらいまでしか出すことができないのです。この差がもたらす演奏への影響はとても大きく、練習ではうまくいっていたのに、本番でいつもの演奏ができず「あれ?」と思ったまま演奏が終わってしまうこともあります。その後、子どもたちがピアノのせいだと気付いてくれればいいのですが、「自分の練習不足だ」と自分の責任にしてしまって、ピアノを辞めてしまうということもあるのです。「実はそうじゃないんだよ。ピアノの方にそのレベルの能力がなかったんだ。」と教えてあげたい。40年間仕事をしてきた結果、どうにかしてあげなきゃいけないと思いました。グランドピアノで演奏する発表会の練習をする時には、性能は違うにしても機能は同じにしなくては正しい練習道具とは言えないのではないか。そのような思いを持って、グランフィールピアノを開発しました。

今は低年齢高パフォーマンスの時代になってきており、数十年前には大学受験で使用されたような課題曲が小学生の発表会の課題曲になっています。かつては高校生が練習していたような曲を、今では小学4~5年生が練習しているんです。そのような楽曲の中にはグランドピアノで弾くことが前提に書かれているものが少なくありません。なぜならピアノと言えばグランドピアノで、アップライトピアノは子どもの練習用のピアノという位置付けで発展をしてきたからです。機能的に異なるアップライトピアノでは、どうしても楽譜どおりには弾くことができません。しかしグランフィールピアノであれば、練習から楽譜どおりの演奏を目指して練習することが可能です。この機能は世界の有名なピアノメーカー様の試験もクリアし、お墨付きをいただいております。現在はEU諸国を始めとした海外でPRをしている段階です。

―グランフィールピアノを使う利点を教えてください。

グランドピアノは場所もとる上に、アップライトピアノの2.5倍ほどの値段がします。グランフィールピアノは、形はアップライトピアノなのでグランドピアノより場所もとりませんし、安価です。また、グランドピアノは一般の家庭で弾くとどうしても大きな音になってしまい、近所迷惑につながるケースも出てきてしまいます。グランフィールピアノはアップライトピアノと同様、音が鳴る部分に蓋がされていますので、比較的静かな音になるところも利点の一つです。

今後もよりグランドピアノに近づくような改良を

―ものづくり補助金はどの部分に利用されましたか?

アップライトピアノとグランドピアノでは、一番左のウナコルダペダルの機能が異なります。従来のアップライトピアノのウナコルダペダルだと同様の機能を持たせられないので、グランフィールピアノにとりつけるためのウナコルダペダルを開発いたしました。その他にも様々なグランフィールの技術開発に利用させていただいております。例えばタッピングボール盤という正確にネジ穴を開けるための機械のような、設備の導入もさせていただきました。

―今後改良の余地はありますか?

ありますね。いまだグランドピアノに比べて足りない部分があり、アップライトピアノってまだこんなところを改良できたんだとか、こんなところを変えられるんじゃないかなど発見や驚きがある毎日です。それらを形にしていきたいですね。具体的には、ウナコルダペダルやウィングハンマーやサポ-トハンマーなど、様々な部分をよりグランドピアノに近づくようにしていきたいと考えているところです。

―今後の事業展開をお聞かせください。

国内には北海道から沖縄まで、グランフィールピアノを扱っていただいている販売店や、それにともなってグランフィールの認定技術者がいるのですが、やはり市場が求めなければ広まることはありません。また、日本人が開発した技術ということで、なかなか信頼をいただけないことも事実です。グランフィールの技術は世界のピアノメーカーに認めていただいているので、それを日本で広めるための足がかりとしたいと考えています。海外で話題になれば、国内のお客様の評価にもつながると思うのです。なので、今はヨーロッパやアメリカに向けてグランフィールの良さをより広めていきたいと思っています。

企業プロフィール

企業名
有限会社藤井ピアノサービス
基本情報
代表者 藤井 幸光
本社所在地 〒895-0027 鹿児島県薩摩川内市西向田町15-11
TEL/FAX番号 0996-25-3320/0996-20-3990
Webサイト http://www.fujiipianoservice.jp/
取扱製品 グランフィールピアノ
アップライトピアノ 新品・再生品・中古品
グランドピアノ 新品・再生品・中古品

他の注目出展企業様