注目の出展企業 「エコマス株式会社」(山口県)

「使う機械を選ばない。
拡張性のある電力監視システム『Ecoemon』の開発」

エコマス株式会社  石川 紘子

出展プロフィール

会場
大阪
業種
情報サービス業

要望から生まれ、そして進化していくEcoemon

―御社の主な事業内容についてお聞かせください。

エネルギー監視システムのEcoemonの開発から販売までと、ソフトウェア開発、それとシステム保守などが主な事業です。

―今回ご出展されるのはどのようなものでしょうか。

今回は先ほど申し上げたEcoemonと、各種センサー機器を出展させていただきます。Ecoemonとは、一言で言うと電力監視システムです。電力の「見える化」をするシステムなんですけれども、従来だと電力の監視のみだったのですが、同時に設備の異常などを検知することができるようになりました。検知のためにはセンサーを利用します。センサー機器はお客様がお持ちの設備・機械に合わせたセンサーを選定していただくことが可能で、様々な需要に合わせることが可能です。実際に使用するセンサーをお持ちする予定でおります。センサーは基本ワイヤレスなので、特別な工事も必要ありません。ワイヤレスで収集した情報は、クラウドや警報灯などに飛ばすことが可能です。いちいち設備点検のために巡回する必要がなくなるというメリットは大きいと思いますね。

―今回出展いただく製品の強みは何ですか?

拡張性が高いので、小規模なものから始めることができるという点です。例えば始めは一部の設備で限定的に導入してから、少しずつその他の設備・機械にご要望に応じて拡張していく、ということもできます。また、古い機械を利用しているお客様だと、「設備を買い替えないとそのようなシステムを導入することはできない」と思われている方も多くいらっしゃいます。しかし弊社のEcoemonはセンサーを取り付けるだけなので、既存の設備を使ってIoTに取り組まれたいというお客様にも安心して利用していただけます。

―ものづくり補助金はどういったところにご利用いただきましたか?

Ecoemonのエネルギー監視システムの開発に利用しました。Ecoemonの開発以前はお客様のご要望に応じたソフトウェア開発やシステム運用を請け負っており、Ecoemonのような自社製品はありませんでした。初めての自社製品だったので課題が多く、その解決のために補助金を利用させていただいた形です。

どうすればいいの?をなくしたい。始めやすい監視システムを

―今後Ecoemonをどのような製品にしていきたいですか?

やはりお客様が気になるのは初期投資の費用と、導入のしやすさです。そこで今後はパッケージ化することによって初期投資をできるだけ抑え、導入しやすい形にしていきたいと考えております。やはりまだ敷居が高いと感じる方が多いと思うので、何種類かパッケージを用意し、一番始めの導入につなげていきたいですね。

―今後の事業展開をお聞かせください。

今はまだソフトウェア開発の方が多く、受託での開発が弊社の主な事業となっております。ただ今後は、やはりEcoemonを弊社の武器として、自社開発製品にシフトしていきたいです。そのために必要なのが、先程も申し上げたパッケージ化だと考えています。

―マッチングしたい企業などはありますか?

今回はものづくりをされている企業様が多く出展される展示会なので、工場をお持ちの企業様が多いと思います。そういった意味では、大体の企業様が弊社の製品をご利用いただけるのではないでしょうか。もちろんご出展されている企業様だけでなく、来場者の方にも工場の電力関係でお困りの方はいらっしゃると思いますので、ぜひお話をさせていただきたいですね。

企業プロフィール

企業名
エコマス株式会社
ものづくり補助金利用事業名
小規模工場・事業所向け電力使用量の最適化支援ツールの開発
基本情報
創業年月 平成14年5月
代表者 安藤 竜馬
本社所在地 〒755-0045 山口県宇部市中央町1丁目7番23号 宇部センタービル4階
TEL番号 0836-35-7911
Webサイト https://www.ecomas.co.jp/
資本金 3,000万円
従業員数 4名
取扱製品 Ecoemon、ソフトウェア開発、システム運用など

他の注目出展企業様