JSTS2015 HOME ものづくり補助事業成果発表・ビジネスマッチング会 中小企業 新ものづくり・新サービス展

セミナープログラム

セミナー ①12/15(火)14:00~15:00

古田 敦也
「古田敦也大いに語る マネジメントと組織力」
古田 敦也(ふるた あつや)
元 東京ヤクルトスワローズ監督
プロフィール
1988年立命館大学卒業後、トヨタ自動車を経て、90年、ヤクルトスワローズへドラフト2位で入団。打者としては、プロ入り2年目に、首位打者を獲得し、捕手としては、強肩と頭脳を生かした野球で、攻守ともにチームを牽引。5度のリーグ優勝と4度の日本一へと導く。98年には、日本プロ野球選手会会長へ就任し、球界の向上に貢献する。特に、04年の球界再編問題に対するストライキの決行は、球界史上初めての出来事として、多くの人々の記憶に残っている。06年には、プロ野球史上29年ぶりとなる選手兼任監督へ就任。プレイングマネージャーとして、若手選手の育成、ファンサービスを重視した。07年、現役引退と同時に、監督も退任。選手として、監督として、日本プロ野球界で活躍してきた数々の経験から、ビジネスにも応用できる、チームの組織力やマネージメントに関する講演を行う。

セミナー ②12/16(水)10:00~11:00

岸 博幸
「地域活性化の鍵~自身で考え創造・行動せよ~」
岸 博幸(きし ひろゆき)
慶應義塾大学大学院教授
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問
エイベックス・マーケティング取締役
プロフィール
1962年生まれ。東京都出身。一橋大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。通産省在籍時にコロンビア大学経営大学院に留学し、MBA取得。資源エネルギー庁長官官房国際資源課等を経て、2001年、第1次小泉純一郎内閣の経済財政政策担当大臣だった竹中平蔵氏の大臣補佐官に就任。その後、江田憲司衆院議員や元財務官僚の高橋洋一氏らと共に「官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)」を設立。以降、「脱藩官僚」としてテレビや雑誌でも活躍。講演では地域再生をはじめ、政治経済についての話をわかりやすく語る。おもしろく誰にでも理解できるような解説が好評。

セミナー ③12/16(水)13:00~14:00

長谷川 幸洋
「激動する世界~日本の針路を考える」
長谷川 幸洋(はせがわ ゆきひろ)
東京新聞・中日新聞 論説副主幹
ジャーナリスト
プロフィール
1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。77年に中日新聞社入社。東京本社(東京新聞)経済部勤務、ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)、ブリュッセル支局長などを経て論説委員、2010年から現職。06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、12年~13年に大阪市人事監察委員会部会長など。07年から日本記者クラブ企画委員、13年から政府の規制改革会議委員など多数の公職を務める。福田康夫首相の退陣(『月刊現代』2008年10月号)、野田佳彦首相の衆院解散・総選挙(2012年10月『現代ビジネス』コラム)、安倍晋三首相の衆院解散・総選挙(2014年10月『ニッポン放送』番組「ザ・ボイス~そこまで言うか」)など、政局の節目を他に先駆けていち早く予想し、いずれも的中させた実績をもつ。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア―本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。近著は『2020年新聞は生き残れるか』(講談社)。

セミナー ④12/16(水)14:30~15:30

内田 裕子
「日本経済の大転換点、中小企業にチャンスあり」
内田 裕子(うちだ ゆうこ)
経済ジャーナリスト
経済政策シンクタンク ハーベイロードジャパン 副代表
プロフィール
大学卒業後、大和証券に入社。トレーダーを経験後、同社の社内TV放送「大和サテライト」のキャスターに抜擢され、マーケット情報番組や経営者・アナリストとの対談番組へ多く出演する。その後、大和インベスターリレーションズで企業IRのコンサルティングを経験。2000年、財部誠一事務所へ移籍。経済ジャーナリストとしての活動を始める。日本国内だけでなく新興国などの取材も多い。製造現場の取材、経営者へのインタビューを得意とする。テレビ朝日系「サンデープロジェクト」の経済特集チームで取材活動をした後、BS日テレ「財部ビジネス研究所」では7年半にわたり取材レポーターとして出演。老舗企業の経営者にインタビューする「百年企業に学べ」のコーナーなどに出演した。常に現場におもむき、最新情報を伝えている。
来場のお申し込みはこちら