出展者プレゼンテーション

プレゼンID
東京2-17
時 間
12月2日(金) 10:20-10:35

株式会社栄組

コンクリート事業部 専務取締役 佐々木栄洋

プレゼンテーションのテーマ

「コンクリートのひび割れ補修に革命を起こす新技術『圧力調整注入工法』」

プレゼンテーションの概要

圧力調整注入工法(真空空着型圧力調整注入工法NETIS:TH-110002-A、ノズル型圧力調整注入工法NETIS:TH-110003-A、)に関する技術説明である。この技術は、低圧から高圧まで注入圧力を自由に調整しながらコンクリートのひび割れに補修材を注入するもので、真空吸着型、ノズル型と、異なる2 種類の注入機構を持つ。①接着養生が不要、②低圧から高圧まで注入圧力が調整可能、③補修材(無機・有機)を選ばない、④複数の材料を連続して注入可能、⑤ひび割れの深部から表面部まで的確に注入可能、⑥注入機を繰り返し使用するため廃棄物が発生せず、環境負荷が低い、という特長を備え、これらが大きく評価されている。